お金をかけない夏休みのアソビ

嗚呼、恐ろしや。

子どもらが

一日中バクバク食べ、ガブガブ飲む

夏が来た!

ということで、

我が家の冷蔵庫に

ドリンクバー(自称)を設置。

古いジャグも、引っ張り出して

四種の茶と牛乳を並べて、テプラを貼った。

非常にダサ地味なドリンクバーだ。

〈選択肢〉

「へー、私は何にしようかなー」

「どれにしようかな〜。やっぱり、、、夏は麦茶だよね」

「3種類、混ぜちゃお〜」

3きょうだいに

地味なドリンクバーが意外と好評だ。

大したことではないのだが「選べる感」が

楽しいらしい。

心身リソース不足の私は

日常のルーチンから極力「選択」の機会を

減らす努力の真っ最中。

でも

エネルギー有り余る子どもらには

選択肢を増やすだけで

様々なことがエンターテイメントになる。

〈トラップ〉

「これ『ほうじ茶』って書いてあるけど

中身絶対麦茶だよね〜?」

「え?どれどれ、本当だーー!」

という子どもらの会話。

いつも通りテキトーな母の間違いだが

「トラップです」と応えたら

子らは、キャーキャー喜び嫌がっていた。

家の中に「トラップ」もとい「アソビ」があると

退屈しないね。(ま、我が家の場合、母がトラップそのもの疑惑もあるがw)

お金をかけない夏休みの「アソビ」つくるなら

「選択肢を増やして、子どもに『選べる楽しみ』を感じさせる」

これオススメ。

Posted from SLPRO X for iPhone.