猛暑も、子どもで涼む。

子連れで夕方のホームに立ち、電車を待つ。

ラッシュに差し掛かる時間。

ホームは額に汗するスーツの人々でごった返している。

もわっとする空気の中、

耳の後ろに汗が流れるのを感じる。

電車の来る方を何度も覗き込む。

暑い、、、。

そこに、ホーム中に響き渡る大きな声。

「マ、マーーーー、ソープってなあにぃーーーー?ソープってなあにぃーーーー?」

見ると、目の前の雑居ビルに看板が。

色っぽいお姉さんの横に大きく『ソープ』と書いてある。

〈ドヤ顔〉

片仮名が読めるようになった事が誇らしい娘。

アピールしたい気持ちが、大声となったのだろう。

その瞬間、ホームにさざ波の様に広がった微妙な空気。

汗だくだった私の背中は

先ほどまでの暑さが嘘のように

涼しくなった。

もう何年も前のことだ。

暑いホームで電車を待つ時、

今でも時々思い出すと

体感温度が2°C下がる。

〈冷却剤〉

子どもといると、一度ならずある

背筋ヒンヤリ。

「こ、これは瞬間冷却剤ですか」体験。

数年涼める冷却剤をゲットしたと思えば

怒る気も和らぐというものだ。

長い夏休みという戦を戦う同志よ、

怪我につながる背筋ヒヤリ以外の

背筋ヒンヤリは「冷却剤」ゲットだぜ!と

いうことで、熱くならずにいこう。

Posted from SLPRO X for iPhone.